メンズエステの予約で使われる偽名TOP5!お店が困るのは?

メンズエステ広告掲載について
  • PR

  • お得なメンズエステ検索サイト エステ図鑑
  • Petit Natura(プチナチュラ)
  • Antique~アンティーク~
  • Fluorite SPA(フローライトスパ)
  • 大阪メンズエステ Lococo~ロココ〜
  • Seven Luck Spa

メンズエステの予約で使われる偽名TOP5!お店が困るのは?

メンズエステの予約で使われる偽名TOP5!お店が困るのは?


「メンズエステの予約するとき、あなたは本名を使いますか…?」

メンズエステに限らず、ちょっとエッチなお店に行くときには偽名を使う人が多いですよね(笑)。

メンズエステのセラピストさんも源氏名を使っているから、自分も偽名で…。

なんて男性も多いかと思います。


そこで、独自の調査を行いメンズエステの予約で使われる偽名のTOP5が判明しました!

今回は、メンズエステで使われる偽名について深堀していきたいと思います。

お店が困ってしまう偽名もあるので、自分がメンズエステに予約するときにぜひ参考にしてみてください!

  1. 目次

  2. ・メンズエステでよく使われる偽名TOP5

  3. ・メンズエステ店からすると偽名でもOK

  4. ・メンズエステでNGな偽名

  5. ・メンズエステで偽名がバレる瞬間

  6. ・メンズエステで偽名を使うなら統一すべき

  7. ・まとめ


メンズエステでよく使われる偽名TOP5




メンズエステでよく使われる偽名①「田中」



メンズエステの偽名で一大勢力となっているのが、「田中」です。

中学校や高校で同じクラスに2~3人はいたという方も多いと思います。

お手頃で使いやすい偽名なのかもしれません(笑)。

メンズエステでよく使われる偽名②「佐藤」




有名人でも多い苗字の佐藤。

「佐藤健」「佐藤浩市」「佐藤栞里」などぱっとたくさん思いつく方も多いのではないでしょうか?

メンズエステでも佐藤さんが多すぎて、男性客が3人連続「佐藤さん」だったことも珍しくないそうです(笑)。

メンズエステでよく使われる偽名③「高橋」




高橋の名字の由来をたどっていくと、天皇家や朝廷などの食膳を担当する重要な役目を持った一族だったという説があるようです。

なんでも、高い橋は、天と地をつなぐ重要な架け橋とされたのだとか。

やはりメンズエステに行くことは高橋さんにとって、重要な役目だということでしょうか?

メンズエステでよく使われる偽名④「鈴木」




鈴木といえ元メジャーリーガーの鈴木イチロー選手を思い出すという方も多いと思います。

イチロー選手がメンズエステに通う姿は想像できませんが、偽名の鈴木さんはメンズエステによく通い詰めているそうです。

メンズエステでよく使われる偽名⑤「山田」



ジャニーズからプロ野球選手まで、幅広く存在する山田さん。

メンズエステの予約する直前に、テレビやスマホでニュースを見て、「山田」が目に入ったのかもしれません。

メンズエステ店からすると偽名でもOK




メンズエステ店は基本的に偽名や匿名でもOKなところが多いです。

メンズエステに限らず、風俗店や飲食店などの予約ではお客と名前が一致すればOK。

電話番号などは必須でも名前は偽名でも気にしないのだとか。

もちろん、高級店で「本名での会員登録が必須」という場合もありますので、注意してくださいね!

メンズエステでNGな偽名




メンズエステでよく使われれる偽名を紹介してきましたが、お店が困るような偽名もあります。

例えば、「ドナルド・トランプ」や「ジャスティン・ビーバー」といった外国人風の偽名。

外国人のお客様はNGというメンズエステ店も多く、本当に日本人かどうか分からないからという理由です。

他にも、大炊御門(おおいみかど)や勘解由小路(かでのこうじ)など難読苗字を偽名に使うのもおすすめできません。

本名であれば仕方ありませんが、お店の方も分かりづらいので、どうせ偽名を使うなら分かりやすい名前にしましょう!

メンズエステで偽名がバレる瞬間




メンズエステでは施術が終わるとセラピストさんから名刺をもらえると思います。

その時に、律義に自分も名刺を渡す男性の方がいますが、その時に偽名を使っているとバレてしまうそうです…。

「田中」で予約していたのに、名刺には「岡本」と書かれていた…なんてことも(笑)。

セラピストさんは気にしないと思いますが、恥ずかしいので偽名を使うときは、名刺は渡さないようにしましょう!

メンズエステで偽名を使うなら統一すべき





メンズエステで偽名を使うとき、男性がよくやってしまうのが自分の「偽名」を忘れてしまうことです。

メンズエステの常連さんならそうそう忘れないと思いますが、月1回行くか行かないかというお客さんは、どうしても忘れてしまいがち。

特に、田中や佐藤といってありふれた偽名を複数のお店で使っていると、あの店ではなんて偽名を使っていたっけ…?となってしまいます。

メンズエステのお店からしても、リピート客か新規の客かの確認が難しいから、偽名を使うなら統一して欲しい!という声も多く上がっているようです。

ありふれた名前を使うよりも、覚えやすくて少しだけひねりのある偽名「橘(たちばな)」や「二階堂(にかいどう)」といった名前がいいかもしれません(笑)。

まとめ


メンズエステでよく使われる偽名やお店が困ってしまう偽名を紹介してきました。

ありふれた偽名を使っている方は多いので、「あの田中さんってどんな人だっけ?」「あの佐藤さんは…」とセラピストさんも誰が誰だか分からなくなってしまうそうです。

本名を使うのは知り合いにバレそうで怖い…という方は、次から気の利いた偽名を使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事



メンズエステの鏡、何の意味があるの?

メンズエステの流れを紹介!

メンズエステのトラブルワースト5!

メンズエステのよくある誤解!初心者は要注意!

メンエス用語解説!事故とは?

特集:リラクゼーションの全て byエステ図鑑

一覧はこちら