メンズエステで興奮してしまったときの対処法

メンズエステ広告掲載について
  • PR

  • お得なメンズエステ検索サイトエステ図鑑の広告店掲載の募集バナー画像
  • メンズエステ甘エステのバナー画像
  • メンズエステ心斎橋Platinum(プラチナ)のバナー画像
  • メンズエステPetit Natura(プチナチュラ)のバナー画像
  • メンズエステFluorite SPA(フローライトスパ)のバナー画像
  • メンズエステSeven Luck Spaのバナー画像

メンズエステで興奮してしまったときの対処法

メンズエステで興奮してしまったときの対処法

こんにちは。エステ図鑑コラム担当です。


 


メンズエステで施術されていくうちに、興奮して立ってしまった。


おいたしそうになる。こうした瞬間ってどうしたらいいか困りませんか?


 


勃〇はメンズエステでもOKだといわれていますが、やはり恥ずかしいですし。


おいたはメンズエステでも禁止事項にあげられています。


 


そこで、今回はメンズエステで興奮してしまったときの対処法をご紹介いたします。


 


①体勢を変える


class=


 


仰向けの状態で施術をしている最中に、アソコが立ってしまったときは体勢を変えてみましょう。


立っていることを隠せますし、うつ伏せのほうがセラピストさんから意識をそらせます。


うつ伏せになっている状態のときは、おばあちゃんの顔を思い浮かべてクールダウンしている方もいるのだとか。
笑ってしまいますが、本人は真剣です。恥ずかしくて見られらくない場合は、体勢を変えてみましょう。


 


②話をして、気をそらす


class=
 


興奮して、立ちそうになってきたときは、セラピストさんと会話をして気を紛らわしましょう。


日常の話やちょっとしたニュース。趣味の話など。


 


楽しく会話をしているうちに、いつの間にか興奮が冷めていたという方も多いです。


これは興奮を鎮めるのに、もっとも有効な手段かもしれません。


 


セラピストさんとの距離感も近くなり、楽しく施術を受けられるでしょう。


 


③トイレに行く


class=
 


トイレに行って、しばし気分を鎮めるという方法もあります。


しかし、あまり長く入っているとセラピストさんに「自慰行為」をしているのではないかと疑われます。


貴重な施術時間をトイレに当てるというのも、抵抗がありますよね。


なので、これはどうしても興奮が抑えられなくておいたしそうになったときの最終手段です。


なるべく①、②の方法を試すようにしてください。


 


絶対にしてはいけないこと


 


メンズエステで絶対にしてはいけないことは


①セラピストさんにお触りする


②性的要求をする


③口説く


です。


 


これらのことに違反すると、メンズエステ側は退店措置などを取ってくる恐れもあります。


退店措置を取られた場合、セラピストさんからも嫌われ、お金も帰ってこないという最悪な事態になってしまいます。


 


興奮したからといって、おいたをするのは絶対にNGです。


興奮しそうになったときは、今回ご紹介した方法を試してみてください。


 


まとめ


いかがでしたでしょうか?
メンズエステは鼠径部の施術もありますし、興奮してしまうのもある程度は仕方ありません。


最初にも言った通り、勃〇はOKです。しかし、くれぐれもおいたはしないように気を付けてくださいね!