朝のスッキリ目覚める為にしたいこと

お得なメンズエステ検索サイト エステ図鑑

朝のスッキリ目覚める為にしたいこと

朝のスッキリ目覚める為にしたいこと
ここ数日、寒の戻りで少し寒い日が続いていますね。
ここまで寒暖差があると朝どれほど朝が強い人でもそう簡単には布団から出ることが出来ない人が多いのではないのでしょうか。

筆者は朝が弱くなかなか起きられません…
目覚めの質が悪くなるというのは気温の低いということ以外に人間の身体の仕組にも深く関連しています。

冬場の目覚めが悪くなる原因



寒い時に布団から出られない大きな要因は「体温の低下するから」なのです。
体温が落ちると人は上手に身体を動かせなくなります。
また眠っている際寝返り以外にほとんど体を動かさないので、日中に比べると体温が落ちやすくなってしまいます。
体温が落ちれば落ちる程目覚めの質が悪くなり、なかなか布団から出られない原因になってしまいます。

日差しとカラダの関係性



冬は夏と比較して、日差しが弱いので人間の行動スイッチがなかなかオンになりません。
人は太陽の光にあたることで体内時計を調整します。
ところが冬場は体内時計を調節する為の理想的な量の太陽の光に当たる事が出来ない為、朝のスッキリ感が少なくなってしまいます。

起床する直前に暖房機器で室温を上げてみよう



朝サクッと目覚めたい場合は、室温を高くしてみましょう。
「気温の低い=布団から出たくない」という人にとってとても効果があるでしょう。
そして室内が暖書くなれば、人が元気に行動可能な体温まで戻すことができるので朝起きたり用意をしたりすることが難しい人にもピッタリです。
布団の中で軽く体操をしてみたり、末端側から体温を徐々に上げていくことも朝起床する時のコツです。

気象直後カーテンを開く



可能な限り日の光に当たれるように、起床してすぐにカーテンを開いて太陽の光を部屋にたくさん取り入れる様にしてください。
体内時計がおかしくなっている状態だと、昼間眠気に襲われたり注意力が散漫になってしまったりと悪影響がたくさんあります。
日常的に昼間は太陽に当たりながら体を動かして、夜間はきちんと休養や睡眠をとる生活習慣をを癖付けると朝スッキリ起きれるようになるはずです。

まとめ



寒い日の朝はそれほど目覚めが良い人でもそう簡単には布団から出たく無くなります。
朝起きた時の状況や、昼間の過ごし方で寝起きがガラッと変わります。
季節問わず朝が弱いと自覚のある方は是非一度試してみてくださいね。