治療目的とリラクゼーションの違いとは

お得なメンズエステ検索サイト エステ図鑑

治療目的とリラクゼーションの違いとは

治療目的とリラクゼーションの違いとは
いつも私達がお世話になっているマッサージ店ですが、一口にマッサージとまとめても多くの種類が存在しています。

そしてマッサージは大きく二つのタイプに分かれています。

マッサージのタイプ



一つは、体調不良のメンテナンスが目的の施術です。
あん摩マッサージや柔道整体、鍼灸等医学的知識を含んている施術となる為、資格を持った人が処置を行っていきます。
一部保険がきく処置も存在し、体の健康維持する効果があります。
そしてもう一つは、心も体もいやすリラクゼーションがを目的の施術です。
オーソドックスなものと言えば、指圧・オイルマッサージ・タイ古式マッサージ等が挙げられます。
リラクゼーション目的のマッサージは心身両面にヒーリング効果を与えることが目的なので、最低限の身体の仕組み・ツボ・マッサージの基礎知識さえあれば無資格でも施術することが出来ます。

メンテナンスとリラクゼーションの違い



この二つは目的が大きく違っています。
治療目的ろなると専門家向けの医学知識が要されるので、資格をがなければ施術を行えません。

しかしリラゼーションは体を治癒することではありませんので、誰でも施術が行えます。
最近このリラクゼーションが目的のマッサージ店の人気が急上昇しており、日本全国に急増しています。

一か所集中ケアマッサージで効率よく疲れにアプローチ



リラクゼーションサロンというと、全身マッサージやアロマトリートメント等の印象が強いでしょう。
ところがここ数年頭や足等を重点的にケアしてくれる専門店が拡大しています。
最近とても話題になっているヘッドマッサージ店はとても人気で予約が取れない店舗も多々あります。
ヘッドマッサージは、眼精疲労疲労や脳の疲れを取り除いてくれる効果があります。
現代人であるが故の、スマホやPCで溜まった疲れ、睡眠障害を解消してくれます。
デスクワークの方へオススメなリラクゼーションマッサージです。

足を重点的にお願いしたい時は…



最近は足つぼだけに特化したリフレクソロジー専門店も増えてきました。
リフレクソロジーとは、足裏の反射区を指圧等の方法で刺激を与え、体全体の疲労を癒すという内容です。
いつも立ち仕事をしている人、徒歩移動が多い営業職の方にピッタリです。
また普段生活を送っているだけでも足裏に老廃物が溜まっていきます。
老廃物を排出することは勿論、内臓機能の改善、リンパの流れを正常化してくれる効果があります。

まとめ



ボディケアは、疲れを取り除くために全身を万遍なくマッサージしていきます。
それ故、個所によっては物足りない、スッキリできない場合もあると思います。
ましてやボディケアのみになると、ヘッドマッサージがないところが大半です。
いつもどのようなライフスタイル・仕事なのかによって体のどの部分に負荷を負わせているかも全く違います。
現在抱え込んでいる疲労を効率的に取り除くことが出来る専門店で、心身両面でリラックスしませんか?