ガネーシャ 那覇店
クーポン検索
エリア選択(複数選択可、必須)
エリア選択(複数選択可、必須)
クーポン(必須)
クーポン(必須)
沖縄 / 名護・うるま
店名最寄駅電話番号コメント
タイ古式マッサージ トゥクトゥクカヌチャ店

沖縄県名護市字安部156-2

0980-55-8880

14:00~00:00
日本人 店舗

りらくる 具志川店

沖縄県うるま市江洲398

098-973-5333

10:00~02:30
日本人 店舗

エステ図鑑 沖縄 / 名護・うるま

沖縄県のメンズエステ、メンズリラクゼーションについてここではお話ししたいと思います。沖縄県のエステも南国とはいえ日本国内ですから、風営法や取り締まりの基準は本州などと同じです。特別エロいサービスが許容されているわけではないので注意してください。

とはいうものの、南国沖縄だけあり、日本の他の場所のメンズエステ、メンズファッションとは趣を異にする部分があるようですので解説いたします。

特徴1 観光客向けのお店が多い

東京や大阪もそうですが、あまり現地の人、観光客向けを意識していません。どちらかというと、都心のマンションタイプのお店などは周囲の会社の人や、近くで働く人向けです。はるばる他の地域からくる人向けにアレンジしている、ということはあまりないようです。

しかし、沖縄のメンズエステ、メンズリラクゼーションはそれとは少し異なるようです。当サイトの「沖縄」のページを見ていただくとわかりますが、他の地域と比べて沖縄の人口は少ないはずなのにお店の件数は多いみたいですね。これは何を意味するのでしょうか?

全部ではありませんが、沖縄のメンズエステなどは現地の人だけではなく、観光客向けに宣伝しているところが多いようです。沖縄の開放的な雰囲気、周囲が海の環境が、マッサージ、特にアロマオイルやローションを使ったマッサージをイメージさせて、それ目的に行く人も多いですし、沖縄に来てマッサージを受けたいなぁと思う人もいるようです。

繰り返しますが、沖縄だから法的に許される云々はありません。風俗的なことをするならば許可がいりますし、ないならば100%健全店でなければ取り締まりの対象になってしまいます。

特徴2 洗体など独自のサービスがある

ただし、沖縄で広まったリラクゼーションの「洗体」があります。東京などにもありますが、沖縄のお店では洗体サービスをするお店が結構あります。

洗体とはその名の通りで、シャワー室や専用の台の上で石鹸やボディソープ、泡などをつけて女性が洗ってくれるというものです。もちろん、健全店ですから全裸ではありません。紙パンツ(多くはぶかぶかのトランクスタイプ)を履いて「デカパン」状態になって洗います。

ただし、トランクスの脇から女性が手を突っ込んで鼠径部まで洗うということを行います。風俗ではありませんから、それ以上(手コキ等)にはなりません。

東京などにあるこのようなお店は日本人店が少なく、多くがアジアン店になっていますが、沖縄の場合は日本人店でこのような施術を行うお店が多いです。洗体した後は、通常のリンパマッサージや鼠径部マッサージなどを行います。

一通り施術が終わったときに、またオイルなどを洗い流してくれるお店もあります。総じて満足度が高くなるでしょうね。

特徴3 女性の衣装が開放的

もちろん、女性が裸ということはありませんが、暑い沖縄ということもあり、デフォルトの施術着が水着だったり、パレオだったり、開放的で服の面積が小さいお店が結構あります。

癒しとリラックスを求めて来ているわけですが、目にうれしい衣装を着てくれることを残念に思う男性はいないですよね。

チェーン店ではない、マンションタイプや店舗タイプのお店でこのような格好をして施術を行ってくれるお店があります。お触りはダメですが、白衣やスーツなどよりもうれしいです。「視福」で至福は時間を過ごせるのが沖縄にあるメンズエステ、メンズリラクゼーションのお店ということになります。

特徴4 アジアンエステは少ない

特徴の最後です。アジアンエステがいけないというわけではありませんが、やはり日本人店で施術を受けたいと思う人が多いでしょう。沖縄に来てリラクゼーションを受けるくらいならば、同じくらいのお金を出せば中国や韓国へ行けるかもしれません。

つまり沖縄に来ている時点で、日本人、それも沖縄の元気な女性からマッサージを受けたい人が多いのだと思います。

沖縄になるお店は、意外なことに東京や大阪と比べて日本人店の割合が多いんです。中国や韓国の人も、どうせ日本に来るならば東京や大阪に来たいんです。日本語学校などは沖縄にはあまりなく、圧倒的に都市部のほうが多いですからね。「出稼ぎ」をするにしても、物価や最低賃金が高い東京や大阪のほうが稼げるはずです。

沖縄にはアジアンエステで働く「需要」があまりないんです。それなのに、人口規模の割にメンズエステ、メンズリラクゼーションが多いということは、日本人で働きたい女性が多く、それだけの求人も需要もあるということです。これは、日本の他の地域にはない、沖縄独特の事情だと言えます。そしてそれは、当サイトにとってはプラス材料になります。

日本人の若い女性によるリラクゼーションを提供しやすい環境は、沖縄こそが高いのだと考えられます。ですので、もし沖縄に来る機会があれば、是非当サイトで紹介しているお店に寄ってみてください。満足できるはずです。